♬復活の兆し🌻

2022年5月28日

新型コロナウイルス感染によって、多くの行事が約3年間中止となってきましたが、ここ最近復活の兆しが見えてきました。今日も2つのイベントにお招きをいただき、久しぶりに参加させていただきました。最初は春日井リコーダーアンサンブルによる「ランチタイム名曲コンサート」です。「Youはドコからニッポンへ~日本に帰化したス笛♡なメロディー~」で様々な曲が演奏されました。

 

春日井リコーダーアンサンブルの皆様とは、「響」のコンサートでもお世話になり、次回のコンサートにもご出演いただくようお願いしています。学校でもソプラノ・アルトリコーダーが使われており、馴染みの楽器です。現在のメンバーは10人、小さいものから大きなものまで様々な笛で演奏されました。曲もよく知っている「冬の星座、埴生の宿、サンタ・ルチア、大きな古時計、等々」でした。

 

次にお邪魔したのは東部市民センターで開催されている「第34回 総合いけばな展」です。こちらも3年ぶりの開催で、いつもはお茶会も一緒に開催されるのですが、とりあえず生け花の展示のみで開催されました。様々な彩で花器とのバランスで調和され、美しい花たちが凛とした姿を見せてくれます。コロナで疲弊してしまった私たちの心に元気と癒しを与えてくれました。

 

コロナ禍での自粛生活、不要不急の外出禁止等で、真っ先にこのような華道や音楽等、芸術関係が中止されてしまいました。でも本当に必要なものは我々の生活に潤いを与えてくれる芸術関係の催し物だったと気づかされました。少しずつイベントが復活の兆しを見せています。コロナで心まで負けないように、感染予防対策を取りながら、少しずつ勇気をもって進んでいきたいですね。